リハビリ専門学校とは

リハビリ専門学校とは、理学療法士や作業療法士の国家資格を取得することに特化した教育を受け、就職を目指す学校のことです。入学してしまえば国家資格取得が約束されるわけではなく、学校で必要な知識、技能などを学び、最終学年での臨床実習を突破し、国家試験で合格しなければいけません。就職先も、学校が見つけてきてくれるわけではなく、学校のサポートを受けつつ自力で探すことになります。

次にリハビリ専門学校には3年制と4年制があります。3年制の卒業で獲得できる称号は専門士であるのに対し、4年制で獲得できる称号は大学卒業で獲得することが可能な称号である学士と同等の高度専門士です。3年制は早く国家資格を取得して現場に出られること、学費が割安であること、学ぶ科目数が少ないことが主なメリットとしてあります。一方、4年制はより深く知識や技能を修得できること、就職時に大卒扱いでの給与になるケースがあることが主なメリットとしてあげることが可能です。

そのほか、養成校は各校で運営母体が異なります。多くは学校法人ですが、医療法人や民間の企業が母体になっているところもあります。学校法人の経営は学生の学費で行なわれているため、学生が十分にいる学校でなければ経営が傾いてしまい、学科の募集をやめたり、閉科や閉校を余儀なくされることになります。これに対し医療法人などは学生が集まらないということだけでは経営が傾いてしまうことはありません。

以上のような特徴が養成校にはあります。当サイトではリハビリ専門学校選びのポイントを解説しますので、作業療法士や理学療法士になるための学校としてどういうところがいいのか興味がある人はぜひ別のページの内容もご覧になってください。